コレクション: ふもと窯(熊本県)

小代焼 ふもと窯とは
熊本県の小岱山麓で約400年前から続く九州を代表する陶器。鉄分の多い小代粘土を使った素朴で力強い作風で知られており、現在は荒尾市・南関町を中心に11の窯元が古くからの技術・技法を継承している。平成15年に国の伝統的工芸品に指定された。
その小代焼を代表するのがふもと窯である。初代・井上泰秋氏は現在日本民藝協会会長を務めている。