Article

モダン民藝の立役者に聞く! 激動の40年と、未来へ続く挑戦。

モダン民藝の立役者に聞く! 激動の40年と、未来へ続く挑戦。

注目の窯元に出向き、民藝の「これまで」と「これから」について伺うインタビューシリーズ「ミライノミンゲイ」。 第7回目は、「染め分け皿」をはじめとする“モダン民藝”で、全国的に人気を集める「因州中井窯(いんしゅうなかいがま)」。その作風を体現するかのようなモダンな感性の持ち主、3代目の坂本 章(あきら)さんに、彼が駆け抜けた激動の40年についてお話を聞きました。

モダン民藝の立役者に聞く! 激動の40年と、未来へ続く挑戦。

注目の窯元に出向き、民藝の「これまで」と「これから」について伺うインタビューシリーズ「ミライノミンゲイ」。 第7回目は、「染め分け皿」をはじめとする“モダン民藝”で、全国的に人気を集める「因州中井窯(いんしゅうなかいがま)」。その作風を体現するかのようなモダンな感性の持ち主、3代目の坂本 章(あきら)さんに、彼が駆け抜けた激動の40年についてお話を聞きました。

笑顔の雲善窯の陶工、土屋知久さん

気負わず、自由に。江戸から続く歴史に吹き込んだ、新しい風。

注目の窯元に出向き、職人に“今の想い”を伺うインタビューシリーズ「ミライノミンゲイ」。第6回目の舞台は、島根県・松江。松江といえば、茶の湯の町。その発展の一端を、江戸時代より脈々と担ってきた「雲善窯(うんぜんかま)」の10代目、土屋知久さんを訪ねました。

気負わず、自由に。江戸から続く歴史に吹き込んだ、新しい風。

注目の窯元に出向き、職人に“今の想い”を伺うインタビューシリーズ「ミライノミンゲイ」。第6回目の舞台は、島根県・松江。松江といえば、茶の湯の町。その発展の一端を、江戸時代より脈々と担ってきた「雲善窯(うんぜんかま)」の10代目、土屋知久さんを訪ねました。

定番のもつ美しさを届けたい。「須浪亨商店」のいぐさ職人、須浪隆貴のこだわり 

定番のもつ美しさを届けたい。「須浪亨商店」のいぐさ職人、須浪隆貴のこだわり 

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。シリーズ5回目の舞台は、前回に引き続き岡山県。いぐさの名産地でもある倉敷市で活動する、いぐさ職人の須浪隆貴(すなみりゅうき)さんにお話を伺いました。須浪さんといえば、いぐさを使ったかごのバッグ「いかご」。現在生産が追いつかないほど、注文が殺到している人気商品。その人気の秘密や、彼の考えるミライノミンゲイについて迫ります!

定番のもつ美しさを届けたい。「須浪亨商店」のいぐさ職人、須浪隆貴のこだわり 

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。シリーズ5回目の舞台は、前回に引き続き岡山県。いぐさの名産地でもある倉敷市で活動する、いぐさ職人の須浪隆貴(すなみりゅうき)さんにお話を伺いました。須浪さんといえば、いぐさを使ったかごのバッグ「いかご」。現在生産が追いつかないほど、注文が殺到している人気商品。その人気の秘密や、彼の考えるミライノミンゲイについて迫ります!

備前焼だからこそ作れるものを。木村肇さんの器に込める想い。

備前焼だからこそ作れるものを。木村肇さんの器に込める想い。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。シリーズ4回目となる今回は、多くの窯元や作家が活動している岡山県備前市に舞台を移し、備前焼の窯元「一陽窯(いちようがま)」の木村肇(きむらはじめ)さんにお話を伺いました。

備前焼だからこそ作れるものを。木村肇さんの器に込める想い。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。シリーズ4回目となる今回は、多くの窯元や作家が活動している岡山県備前市に舞台を移し、備前焼の窯元「一陽窯(いちようがま)」の木村肇(きむらはじめ)さんにお話を伺いました。

見据えるのは、海外。民藝の新境地を拓く、坂本創の物づくり。

見据えるのは、海外。民藝の新境地を拓く、坂本創の物づくり。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。第3回目でフィーチャーする陶工は、小鹿田焼界の“アバンギャルド”代表、坂本創(そう)さん! 個展を開けばあっという間に完売し、人気セレクトショップでは、最先端のアパレルとともに作品が陳列される、まさに異色の民藝職人。小鹿田焼のイメージを鮮烈に塗り変えつづけるその物づくりの裏には、一体どんな想いが秘められているのでしょう?

見据えるのは、海外。民藝の新境地を拓く、坂本創の物づくり。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。第3回目でフィーチャーする陶工は、小鹿田焼界の“アバンギャルド”代表、坂本創(そう)さん! 個展を開けばあっという間に完売し、人気セレクトショップでは、最先端のアパレルとともに作品が陳列される、まさに異色の民藝職人。小鹿田焼のイメージを鮮烈に塗り変えつづけるその物づくりの裏には、一体どんな想いが秘められているのでしょう?

小鹿田のネクストジェネレーション! 28歳の陶工・坂本拓磨さんにきく、10年目の思い。

小鹿田のネクストジェネレーション! 28歳の陶工・坂本拓磨さんにきく、10年目の思い。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。第1回目では、大分県日田市の「小鹿田焼協同組合」で副理事長を務める名陶工・坂本浩二さんに、日本を代表する民藝「小鹿田焼」の現在と未来について伺いました。

小鹿田のネクストジェネレーション! 28歳の陶工・坂本拓磨さんにきく、10年目の思い。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。第1回目では、大分県日田市の「小鹿田焼協同組合」で副理事長を務める名陶工・坂本浩二さんに、日本を代表する民藝「小鹿田焼」の現在と未来について伺いました。