Article

⿓⾨司の⼟地そのものがオリジナリティ。 川原史郎さんに聞く、⿓⾨司焼企業組合と⺠藝の道のり。

⿓⾨司の⼟地そのものがオリジナリティ。 川原史郎さんに聞く、⿓⾨司焼企業組合と⺠藝の道のり。

「IEGNIM(イグニン)」が贈る⺠藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。第13回⽬は⿅児島県で江⼾時代から続く「薩摩焼」のひとつ、「⿓⾨司焼企業組合」の川原史郎さんに、⿓⾨司焼の歴史や⺠藝に対する考え、これからのことについてお話を伺いました。

⿓⾨司の⼟地そのものがオリジナリティ。 川原史郎さんに聞く、⿓⾨司焼企業組合と⺠藝の道のり。

「IEGNIM(イグニン)」が贈る⺠藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。第13回⽬は⿅児島県で江⼾時代から続く「薩摩焼」のひとつ、「⿓⾨司焼企業組合」の川原史郎さんに、⿓⾨司焼の歴史や⺠藝に対する考え、これからのことについてお話を伺いました。

恵まれた環境ゆえの葛藤。スリップウェアの名手、 ふもと窯・井上尚之を支えた出会いと言葉。

恵まれた環境ゆえの葛藤。スリップウェアの名手、 ふもと窯・井上尚之を支えた出会いと言葉。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。 第13回目はスリップウェアの作り手として知られるふもと窯の井上尚之さん。小石原・太田哲三窯での修行時代を経て、小代焼を代表する窯元の二代目に。伝統の中に自分らしさを取り入れた現在のスタイルを確立するまでには多くの人との出会い、そして支えがありました。

恵まれた環境ゆえの葛藤。スリップウェアの名手、 ふもと窯・井上尚之を支えた出会いと言葉。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。 第13回目はスリップウェアの作り手として知られるふもと窯の井上尚之さん。小石原・太田哲三窯での修行時代を経て、小代焼を代表する窯元の二代目に。伝統の中に自分らしさを取り入れた現在のスタイルを確立するまでには多くの人との出会い、そして支えがありました。

父から息子へ。受け継がれる小石原焼の伝統、 太田哲三窯で見た時代に流されない信念。

父から息子へ。受け継がれる小石原焼の伝統、 太田哲三窯で見た時代に流されない信念。

「IEGNIM(イグニン)」が贈る民藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。第12回目は約400年続く小石原焼にあって、民藝の流れを汲んだものづくりに励んでいる「太田哲三窯」へ。哲三さんと息子の圭さんの二人三脚で、小石原の伝統を受け継ぎ、用途に忠実なもの作りを続けているその想いを伺いました。

父から息子へ。受け継がれる小石原焼の伝統、 太田哲三窯で見た時代に流されない信念。

「IEGNIM(イグニン)」が贈る民藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。第12回目は約400年続く小石原焼にあって、民藝の流れを汲んだものづくりに励んでいる「太田哲三窯」へ。哲三さんと息子の圭さんの二人三脚で、小石原の伝統を受け継ぎ、用途に忠実なもの作りを続けているその想いを伺いました。

袖師窯らしさとは。五代目尾野友彦が向き合うのは、 歴史とともに育まれた誠実なものづくり。

袖師窯らしさとは。五代目尾野友彦が向き合うのは、 歴史とともに育まれた誠実なものづくり。

「IEGNIM(イグニン)」が贈る民藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。 第11回目は松江・宍道湖畔の地で145年以上の歴史を誇る「袖師窯」の五代目尾野友彦さん。若い世代にも人気の民藝の窯として知られる「袖師窯」のこれまでとこれから。そして今回「IEGNIM」のために制作していただいたオリジナルの器についてもお話を伺いました。

袖師窯らしさとは。五代目尾野友彦が向き合うのは、 歴史とともに育まれた誠実なものづくり。

「IEGNIM(イグニン)」が贈る民藝シリーズ「ミライのミンゲイ」。 第11回目は松江・宍道湖畔の地で145年以上の歴史を誇る「袖師窯」の五代目尾野友彦さん。若い世代にも人気の民藝の窯として知られる「袖師窯」のこれまでとこれから。そして今回「IEGNIM」のために制作していただいたオリジナルの器についてもお話を伺いました。

祖父がたどり着いた理想の地で 受け継がれる「椿窯」荒尾浩之のものづくりの精神。

祖父がたどり着いた理想の地で 受け継がれる「椿窯」荒尾浩之のものづくりの精神。

注目の窯元に出向き、民藝の「これまで」と「これから」について伺うインタビューシリーズ「ミライのミンゲイ」。 第9回目は日本最大級の登り窯が残り、やきものの里として知られる島根県温泉津(ゆのつ)にて、作陶家・河井寬次郎の流れをくむ3軒の窯元のひとつ「椿窯」の5代目代表を務める荒尾浩之さん。

祖父がたどり着いた理想の地で 受け継がれる「椿窯」荒尾浩之のものづくりの精神。

注目の窯元に出向き、民藝の「これまで」と「これから」について伺うインタビューシリーズ「ミライのミンゲイ」。 第9回目は日本最大級の登り窯が残り、やきものの里として知られる島根県温泉津(ゆのつ)にて、作陶家・河井寬次郎の流れをくむ3軒の窯元のひとつ「椿窯」の5代目代表を務める荒尾浩之さん。

次の100年につながる美しさを求めて。「出西窯」多々納真の飽くなき探求。

次の100年につながる美しさを求めて。「出西窯」多々納真の飽くなき探求。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。 シリーズ8回目となる今回は、共同体として作品を生み出し続ける異色の窯元、「出西窯(しゅっさいがま)」の多々納真さん(たたのしん)さんにお話を伺いました。

次の100年につながる美しさを求めて。「出西窯」多々納真の飽くなき探求。

「IEGNIM」が贈る民藝シリーズ「ミライノミンゲイ」。 シリーズ8回目となる今回は、共同体として作品を生み出し続ける異色の窯元、「出西窯(しゅっさいがま)」の多々納真さん(たたのしん)さんにお話を伺いました。